« 背中を押す(報徳の精神) | Main | 最近のウィング練習について(初心者体験練習への課題) »

少年団のコーチとの話で

 久々のブログです。というのも、前回記事に関連して、色々な地元サッカー、あるいは地元女子サッカーに対する思いをブログで書き綴る以前に、本業をより一層頑張らなければならない自分自身がいることに気付かされました。長年やってきている仕事であるにも関わらず、それでも自分の本業に対する未熟さを何かと様々に感じることがあります。また、身内はサッカーに興味関心がありますが、決して強いコミットを示してはいません。ですから自分は、それ以上に努力しなければサッカーに対する思いを続けることが厳しいものであることを感じます。従って、自身の未熟さを感じていても、とにかくひた向きに、一つ一つコツコツと取り組んでいました。ただ、それでも地元サッカーや地元女子サッカーについて発信はし続けなければ思いは伝わりません。そのために短い時間で思いを伝えられるツイッターを利用していた、と言う訳です。

 ただ、最近になって、いくつかツイッターの140字では書き綴り切れない内容も出てきたので、こうして記事にまとめようと思ってPCに向かっています。

 新年になって、地元松本のサッカースポーツ少年団連合会の新年会に参加しました。その際に少年団のコーチの方々とお話をさせて頂きました。
 その中には直近のU-11リーグで、女子の松本ウィングに敗れたり、失点をしたチームの指導者もいらっしゃったのですが、チームの課題やトレーニングに対する悩みなども聞くことがありました。
 「女の子のチームでも参考になることがきっとあるでしょうから、トレーニングを一度見に来て見たらいかがですか?」とお誘いしてみたのですが・・・

 ・・・結局、今までのところ、そうやってお誘いした方々はウィングの練習に顔を出すことはありませんでした。

 ウィングは今年度、女子の県大会でリーグと選手権の2冠、もう一つの県大会も準優勝という成果を挙げることが出来ました。選手自身が勝ち負けにこだわっていた部分もありますが、それを抜きにしても、「ボールを止める、蹴る、運ぶ、走る」といった個人技術でも決して県内女子の他チームから大幅に劣っていたとは思えません。それだけ多くの選手の個人技術・個人戦術について育成を進めることが成果として挙げられたという信念があります。

 もし、少年団のコーチの皆さんが私の提案に気乗りがせずとも、より見応えのある男子選手がより多く育成され、観ていて楽しいサッカーが展開されているのであれば、何も文句はありません。しかし、目の前の事実として、ウィングの選手よりも技術が劣り、サッカーが高いレベルで楽しめていない、さらには女子を相手に失点したり、敗戦しているのであれば、提供しているトレーニングに質や量での何らかの課題があるのでは、と思わざるを得ないのです。男子少年団チームの選手はいずれ中学、高校でもサッカーを続ける可能性が高いのですから、そのためにも今の土台を築く年代により良いトレーニングを提供して欲しいと言う想いがあるのです。女子は中学、高校にはそうした環境がほとんどないのです。環境に恵まれているはずの男子選手に残念なサッカーをして欲しくないのです。

 時々、男子少年団チームの練習を通りがかりに偶然見ることがあります。選手が立ったままの光景、待ち行列の長い光景を見る度、「大丈夫かな・・・」と余計な心配をしてしまいます。良いコーチがいるチームでも、違う指導者で、全く違うサッカーだったり、選手の質だったりすると、これまた「大丈夫かな・・・」と心配してしまいます。
 チームとして、選手のためにより良い指導をするために何が出来るのか、それを考えているのであれば、心配はしません。しかし、少年団チームでも様々に差が見られ、その差の大きさを感じると、「何かウィングに出来ることは無いですか?」という思いでコーチの皆さんに提案をしているのですが・・・響いてもらえたらと思う、今日この頃なのです。

|

« 背中を押す(報徳の精神) | Main | 最近のウィング練習について(初心者体験練習への課題) »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
さっかー小僧です。

今年度より女子の指導を離れ、ジュニアユースの指導の場に多く携わるようになりました。
そこでの経験や現実を目の当たりにし、一層少年世代の育成を何とかしなければいけないな、と強く感じると共に、自チームでも「とある学年」での指導に対し、何とかせなアカンと歯がゆい気持ちになっています。

実際に保護者や周りのチームの方など、いろんな声が耳に入ってきています。
でも思いを伝えど伝わらず、、、。

指導者は選手の未来を背負っていることを忘れてはいけないと思いますし、その時その時で迷いながらもこれが一番だと自分が思う指導をしていって欲しいと思います。
そのためにも日々勉強し続けること。

長野県のサッカーを変えたいとずうっと思ってきましたが、恥ずかしながら自分のチームさえ変えることができません。

それでも何がきっかけになるかもわかりませんし、とにかく前を向いて今できることをやっていこうと思っています。
想いはいつか伝わると信じて、、、。

Posted by: さっかー小僧 | February 08, 2011 at 10:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/50734225

Listed below are links to weblogs that reference 少年団のコーチとの話で:

« 背中を押す(報徳の精神) | Main | 最近のウィング練習について(初心者体験練習への課題) »