« 少年団のコーチとの話で | Main | 長野県の中体連・・・大政奉還ならぬ体制(体育制度)奉還して欲しいよ・・・ »

最近のウィング練習について(初心者体験練習への課題)

 最近、市の生徒向け広報に女子サッカーの案内を掲載させて頂いた関係で、サッカーに興味のある子、そして運動能力の改善を目的にしてか、おとなしい印象の子が体験練習に来る機会が何度かありました。

 ところが、なかなか体験練習から入団に繋がらないのです。どうやら練習内容があまりにもブラッシュアップされ過ぎていて、初心者には面食らってしまう内容のようなのです。どの選手も小刻みなステップを素早く刻んだり、丁寧なリフティングやボールマスタリーの技術を見せたり、力強いキックを見せたりしてしまえば、初めて来る気弱な低学年の子にとっては、「すごい」と言う印象以上に、「私、ついていけない」と感じてしまうのでしょうか。

 今のウィングの練習内容が果たして運動能力の低い子、メンタリティの弱い子にとってチャレンジしやすい環境なのでしょうか?練習の2部制や、技術差や運動能力差による割り振りも考えなければならないと感じています。

 今の女の子は、全国運動能力テストの長野県女子生徒の結果同様に、サッカー以前にボール感覚や走る能力、敏捷性などにも課題のある子が多くなりました。そのために運動能力課題の少ない子や、運動を継続的に行っている子との差も一層大きい様に感じられます。また、課題のある状況からスポーツを始める場合、最初からコンプレックス的な心理的要因を抱えたまま見学に来るケースも多いように思われます。

 ウィングの選手はナショナルトレセンにも参加するなど高いレベルも求められています。一方で数少ない女子サッカーチームとして、地域の少女たちの運動能力改善にも貢献して行かなければなりません。
 たとえ気弱であっても本人のチャレンジへの意識、運動をすることの何らかの難しさへのチャレンジを、「負担」ではなく「楽しむ」意識として引き出すことが必要です。

 そして、指導者としては体験練習に来て下さった保護者の方としっかりコミュニケーションして、保護者の方が「無理そう」「難しそう」と、お子さんの可能性を大人の判断で勝手に閉じてしまうようなケースをなんとしても防がなければならないと感じています。ここ最近の体験練習でその後来ていない子は至っておとなしいケースが多く、保護者の方のネガティブな印象から、その影響を受けたお子さんがチャレンジ意識を失っていて、即「諦め」の判断に至ってしまった印象も感じます。この感覚ですが、特にこの長野県、松本市では東京で指導していた頃と比較してこちらに戻って10年余り常に強く感じているところです。この印象が県内女子の運動能力差に影響する要因とならぬよう、私たち女子サッカー関係者は細心の注意を払って関わらなければならないのでしょう。

|

« 少年団のコーチとの話で | Main | 長野県の中体連・・・大政奉還ならぬ体制(体育制度)奉還して欲しいよ・・・ »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/50734454

Listed below are links to weblogs that reference 最近のウィング練習について(初心者体験練習への課題):

« 少年団のコーチとの話で | Main | 長野県の中体連・・・大政奉還ならぬ体制(体育制度)奉還して欲しいよ・・・ »