« 高校の校庭 | Main | 2009JFAガールズエイト北信越大会 上田女子委員長講演会 »

松本山雅、さあJFLだ!

 天の時、地の利、人の和が結実した結果、地域リーグ決勝大会に優勝し、JFLへと昇格することが出来ました。

 今日のアルウィンでも、入場者数が1万人を超えるなど、地域が山雅に「何か」を求めていたのだと思います。

 今後の試合も、今までのリーグ戦以上に多くのサポーターが声援を届けることでしょう。

【スポーツ文化】
 本日の試合で感動を覚えた、今までサッカーをあまり知らないで来た市民も、ぜひまた有料試合の応援にアルウィンまで足を運んで欲しいものです。それがさらに上を目指すチームを草の根から支えることになります。
 地域スポーツ文化が乏しい環境では、有料入場してまでスポーツの試合を見ることを一つの文化やエンターテイメントとするのに時間がかかるものです。しかし、今まで地域リーグの段階でそれを着実に進めてきたことで、JFLに上がる時点でここまで思いを共有できるチームとなりました。勝利の美酒も、敗戦の挫折も、あと一歩で昇格できない悔しい思いも、常にサポーターとともに味わいながら、それでも下を向かず一歩ずつ階段を「昇って」きた結果だと思います。


【信州まつもと空港だって・・・】
 来年のリーグでは、ぜひ福岡便でJFLの九州方面のチームの試合に応援に行きたいですね。地域をたびたび切り捨てようとした日本航空よりは、ぜひ地域の元気のために、地域を救ってくれたFDAでね・・・。出発ギリギリまで地元で仕事を頑張って、ジェット機でおらがチームの試合に駆けつけるなんて、厳しく苦しいこの地方空港との「思いをつなげる」意味でも本当にカッコイイというか、素敵ですよね。
 地元松本の商品・食材や観光地とタイアップして、逆に対戦相手チームのサポーターにも飛行機での観戦ツアーでアルウィンに応援に来てもらいましょうよ!


【身の丈経営】
 J1から今度J2に降格する大分が、経営再建状態となっています。山雅がJFLに昇格したことにより、Jを目指すために盲目的に強化に進むことは絶対に避けなければなりません。強化、育成のための環境づくりを身の丈に合わせて着実に進めていって欲しいものです。全国じゅうを廻って試合をするのですから、それだけでも地元松本にある全国的企業にとっては今まで以上に大きな宣伝効果があります。ですから今まで以上に支えてくれる存在として期待したいものです。川崎フロンターレも最初はスタジアムがガラガラの状態がありました。今では観客もいっぱいに満たされ、1000社を超えるスポンサー企業に支えられています。強化育成という意味では、育成年代チーム専属のスポンサーとして学習塾や教材メーカーが支えているチームもあります(高額なスポンサー費用代わりに育成選手の学業を支えたり、スピーチやコミュニケーションなどの教育プログラムを選手たちに提供したりしているのかな?)。だから知恵を絞って、前向きにいろんな支え方を探って行くべきでしょう。


【いろんな支え方と言えば・・・】
 山雅がJを目指し始めた頃、サッカースポーツ少年団やジュニアユースの街クラブチームから山雅のユースアカデミーに選手が大勢流れたことがありました。今でもその流れは全く無くなったとは言えません。同じ底辺のサッカーとは言え、地域の受け皿としてお金をあまりかけなくとも子どもがサッカーを楽しめるサッカースポーツ少年団の存続が徐々に厳しくなって来ています。これを今後も対立軸として軋轢を残したままにするのか、融和の道を探るのか、それもまたこの地域で山雅がさらなる成長をするために検討が必要なところです。
 私は少年団の支援を受けて、そこにいる女の子たちを取りまとめ女子チームの指導をしているだけに、山雅を応援する気持ちはあっても、間接的に少年団からジュニアユースへ進む選手を育てたり、「勝利の女神」として少女たちをエスコートキッズにチームまるごと送ったりすることに限られるばかりですが、地元少年団チームからも今以上に愛され、応援され、支えられるチームになっていって欲しいものです。


【関わり方だって・・・】
 Jを目指すチームとして、地域総合スポーツクラブの形を今以上に発展させなくてはなりません。地元の底辺で苦しんでいるスポーツ指導者がいます。今季いっぱいで閉じようとしている地元冬季スポーツ施設があります。サッカー以外の商品ばかりで縮小気味の地元に古くからあるスポーツ店があります。なかなか全国的に活躍できないスポーツが地元には数々あります。地元スポーツをあまり放映せずに休日昼に再放送ものしか放映して来なかった地方テレビ局があります。これからも薄眼を開けてこの様子を黙って見ているのですか?女子サッカー、冬季スポーツ、野球やバスケ、バレーボール、自転車や陸上競技だって、知識や知恵や思いを持ち寄って、この山雅に関わっていくことがあっても良いし、むしろ必要でしょう。それで地元を元気にしていこうとすることが必要なのだと思います。


 とにかく、松本山雅、JFL昇格おめでとう!そして、ありがとう、そしてそして、これからも前を向いて頑張って行こう!

|

« 高校の校庭 | Main | 2009JFAガールズエイト北信越大会 上田女子委員長講演会 »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/46955046

Listed below are links to weblogs that reference 松本山雅、さあJFLだ!:

« 高校の校庭 | Main | 2009JFAガールズエイト北信越大会 上田女子委員長講演会 »