« 高校の球技クラスマッチの光景で | Main | 育成年代で「型にはめない」指導とは »

聖籠スポーツセンターです。

 Seirou_4
 聖籠スポーツセンター、アルビレッジです。手前に施設名が見えますが、センターハウスで、中にジムなどを備えたトレーニングルームがあります。奥の屋根は、フットサルコートになっていて、雨をしのいでトレーニングやキッズ・ジュニアの教室が行えるようになっていました。次の写真がそのアップの写真です。
 Futsal
 足元の白いのは海砂みたいな感じで、砂煙が上がり、埃っぽい感じでしたが、吸水性は高いので、泥だらけみたいにはならず、少々の雨でも心配はありません。そして、その北側には(ルームの画像では左手、屋根付きフットサルコートの画像では右手になります)、ロングパイル人工芝グラウンドがあります。グラウンドの奥に見えるのが天然芝のグラウンド、こちらは4面あります。この右隣りにはもう一面ロングパイル人工芝ピッチがあります。
 Longpile
 施設の充実度は、他にも天然芝4面取れるような会場が新潟市南部近郊にもあるとのこと・・・。すごいですよね。アルビレックスがJとして牽引し、後に続くグランセナなども試合会場としてグラウンドをつくるようになる。こうして地域や行政が次から次へと地域活性化のためのスポーツ文化支援に動き、様々な形で青少年が活動できるようになることが出来ている姿を新潟県で目の当たりにして、こうした活動が長野でももっともっと興していけたらと思いました。

 そうそう、全中で全国から中学のサッカー部が来るのですが、宿泊先の旅館では洗濯機すら使用させてもらえないとか、コインランドリーもまともに稼働していないとかいう状況があるとのこと・・・。スポーツ合宿への理解、免疫が出来ていないと、こういうことへ積極的に対応して動けないのですよね。残念なことです。松本の場合、選手や施設以外にも地元スポーツ文化向上のためには様々なハードルがあることを実感していますが、一つ一つクリアしていくしかないのかな、と思っています。草の根では何ができるのか、サッカーファミリー、スポーツ全体で取り組んでいきませんか、皆さん・・・。

|

« 高校の球技クラスマッチの光景で | Main | 育成年代で「型にはめない」指導とは »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/41676657

Listed below are links to weblogs that reference 聖籠スポーツセンターです。:

« 高校の球技クラスマッチの光景で | Main | 育成年代で「型にはめない」指導とは »