« とある練習風景で | Main | がんばれ!!塩尻レディースJr! »

チェルシー、アブラム・グラント監督

 イングランド・プレミアリーグ、チェルシーの主力選手、ランパードの母親が亡くなりました。この出来事に対して、今シーズン(07-08)から采配を振るうことになったイスラエル人のアブラム・グラント監督は「人生にはサッカーより大切なものがある」として、母親の傍にいることを許しました。チームの選手たちも、リーグ戦でのゴール後に、パフォーマンスとしてランパードの背番号のユニフォームを掲げて、心を一つに戦っていることを示していました。
 その後のUEFAチャンピオンズリーグの試合、準決勝の2ndレグで、戻ってきたランパードは追悼ゴールを挙げ、決勝はこのチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドとの対戦となりました。サッカーの中身を追求することも大切ですが、選手の心を掴む監督がいるチーム、選手同士が思いを一つに戦うチームがこうして勝ち上がっていることに感慨深いものを感じずにはいられません。

 前回の記事にも関連しますよね・・・。これ、子どもたちの指導者であればなおのこと、「選手の気持ちを掴む」ということが大切になるのではないでしょうか。


 教え子が上のカテゴリーで活躍できず、その指導者に、「なんであの子たち(うちのチームの卒業生たち)は前向きじゃないんだろうかね」とぼやかれた話を聞きました。様々な事情があるとは言え、正直ショックでした。

 アブラム・グラントの言葉をもとに例えれば、「彼女たちの人生はサッカーだけではない」のですから、サッカーで課題があった時こそ、この課題を前向きに認識してもらえるような人間関係・信頼関係を日頃から構築しておかなければならないように思います。それが出来ていないのであれば、指導者や大人たちが思春期に差し掛かる選手たちを「前向きでない」と批判するのは間違っているように思います。

 私のチームの選手にも、入団して来た当初、「えーっ、出来ないよーっ」と言ってはチャレンジしていない子がいました。でも、一つ内容を掘り下げて、簡単にして、チャレンジできる状況からトレーニングし、それをきちんと評価してあげると、それまでの意識が一変して、「何とか頑張ってみよう、やってみれば出来るかも」と思うようになるのです。そうした作業をせずに大上段から批判、否定すれば、子どもたちの多くが後ろ向きな姿勢になるのは至って当然のことのように思います。

 結局上部カテゴリーチームの雰囲気が影響して、今年度の卒業生は2名しか、そのチームでサッカーを続けていません。残念ながらその中にはU-12トレセンに選考されていた選手も含まれています。また、今までの卒業生も何名か退団して、「自分の人生のために」やりがいを感じる活動へとシフトしてしまっています。
 長野県の女子サッカーを取り巻く環境も考えずに、そこから去っていくことを良しとしてしまっている大人のチームメンバーもいるということ・・・。20歳を過ぎた大人の女性が中学生の人生に何らかの影響を与えているということに、果たして昨年からの話し合いなどで気付いているのでしょうか。逆にそうした状況を怖がって、腫れ物に触るような対応になっているケースもあるようで、一層おかしな状況を生んでしまっているようです。

 ただサッカーだけを学ぶ、ただサッカーだけを教えるのではいけないのです。と言うか、もっと人の心に触れる環境でスポーツを楽しめたら、もっと効果的に、有意義に、様々な形で長野県のスポーツ文化は発展していけるように思います。


 サッカーから、スポーツから、もっと人生を学ぼう。人間の心を学び、感じよう。そして、そう自分にも問いかけたい。

 それを改めて教えてくれた、サッカー先進国出身ではない名伯楽、アブラム・グラントに・・・感謝。

|

« とある練習風景で | Main | がんばれ!!塩尻レディースJr! »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/41082024

Listed below are links to weblogs that reference チェルシー、アブラム・グラント監督:

« とある練習風景で | Main | がんばれ!!塩尻レディースJr! »