« 第31回全日本少年サッカー大会 | Main | 松本山雅と、少年団などの組織との今後の関係は? »

第8回ガールズエイト県大会

 もう一つの少女の県大会、第8回ガールズエイト県大会ですが、残念ながら、前回大会にて優勝を争った大町に1-2で敗れてしまいました。大町の気持ち、「勝ちたい」という気迫の勝利だったように思います。
 今年の大町のメンバーは非常に技術的にも高く、かつ、しっかり走れる選手も多いので、リーグの上位入賞も果たしています。準決勝の組み合わせにも恵まれ、余裕をもって大勝してきただけに、良い準備で決勝に臨めたこともよい結果をもたらしたように思いました。
 試合中に気がついたのは、オーバーコーチングと・・・(あれが無くて、選手が自分の判断で出来ることが大事ですよぉ。他チームでもコーチングには格差があって、でもそれは必ずしも結果とは一致していません:苦笑)中盤でのボールさばきに約束事があって、右で奪ったら左のウィングへサイドチェンジ、左で奪ったらその逆、というように、より大きなスペースを使ってプレーしやすい選手にボールを回してゲームをつくっていたことです。中盤の選手の視野の広さ、状況判断の良さがゲームの流れをつくっていたように思います。
 試合は風下でやや押され気味の中、前半を0-0で折り返し、先制ゴールまで奪いながら、終了前に左サイドのフィジカルで圧倒されての同点弾、さらにエースにギリギリのところを「気持ち」で押し込まれての逆転負けでした。それまでよくプレーしマッチアップした相手左サイドを抑えていたウィングの右サイドバックですが、最後にスピードとパワーでぶっちぎられました・・・。でもこれは「よく頑張った」と指導者は大いに評価しています。

 さて・・・なぜウィングが同じ相手に勝ちきれなかったのか。
 以前、優勝したガールズエイトに関連する記事に掲載した課題がしっかり出てしまったように思いました。
 この夏に「今度こそ、レギュラーメンバーとして出場する」という気持ちでほぼ毎週トレーニングに励んだウィングの選手が、大人たちからも目に見えて活躍していました。サッカーの技術が「できない」のではないのです。サッカーを「やっていない」あるいは「やっていなかった」のです。だから、きちんとトレーニングを積めば、明らかに良い技術でサッカー出来ていたのです。

 ・・・しかし、その人数が少なくては、やはり厳しいのです。選手全体のレベルを上げるには難しいのです。
 トレセンメンバーに続く選手の技術的底上げが必要ですが、その現実は厳しい印象でした・・・。

 この夏休みに、リフティングが100回を超えたと申告してきた選手は・・・残念ながら一人でした。
 この夏休みに、いいキックが飛ぶようになってきたので、さらに見て欲しいという選手が・・・一人でした。

 来年は試合に出られるかもしれません。でも、来年主力でプレーするのなら、今から着実に積み上げていく技術があるはずですが、練習に来ないで、そのレベルの意欲で来年活躍出来るでしょうか…。来年「できない」と言っても仕方がありません。今年のうちに身に付けるべき技術を「やっていない」のですから。

 次は10月の北信越ガールズエイトです。それでも選手のみんなを信じて、コツコツと技術の積み上げのお手伝いをしていきたいと思います。

|

« 第31回全日本少年サッカー大会 | Main | 松本山雅と、少年団などの組織との今後の関係は? »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

残念な結果でしたね。敗戦から掴み取って得る物は大きいと
思います。10月富山での北信越大会では最強の相手に
なってると困るのですが(^_^;)

対戦と会える事を楽しみにしています。

Posted by: 越野@ボニ-タ | September 28, 2007 at 12:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/16468776

Listed below are links to weblogs that reference 第8回ガールズエイト県大会:

« 第31回全日本少年サッカー大会 | Main | 松本山雅と、少年団などの組織との今後の関係は? »