« 貸し借りの分からない人(その2) | Main | 恩師の定年退職記念イベント »

なでしこリーグ、大原対ベレーザ

 7月1日のなでしこリーグ、大原学園対日テレベレーザの試合では、一方的な展開にも関わらず、0-2というスコアで、大原学園は負けはしたものの厳しい試合を必死に凌いでいた印象がありました。決して恵まれているとは言えない環境で頑張っている、長野県の女子サッカーの「念い(おもい)」を大原の選手たちが一心に受けたゲームでもあったように思います。

 その中でも、キーパーのファインセーブによる活躍をウィングの選手たちも見ることができ、キーパーに対する新しい発見をした選手もいたのではないでしょうか。

 まだまだとかく少年・少女のチーム内では敬遠されがちなゴールキーパーですが、実はフィールドプレーヤーとしての幅を広げる上でもぜひ経験して欲しいポジション、なのです。

 少年で、北信越ナショナルトレセンに選ばれていた子も、試合でPK戦となるとゴールマウスに立って、素晴らしいセービングを見せた、という光景もかつて見たことがありますが、やはり何にでもチャレンジする姿勢とともに、何をやってもできてしまうという、運動能力の高さみたいなものを感じています。

 キーパーのキャッチングのメニューには、投げ上げたボールをワンバウンドした瞬間を押さえて、できるだけ低い位置でボールをつかむものがあります。それを何度も繰り返してキャッチングの感覚をつかむのですが、このタイミングこそ、サッカーのボールコントロール「ウェッジコントロール」のタイミングなのです(あれ、この件、前に記事に書いたような気がするけど、どこだったかなぁ・・・「ここ」でした)。

 また、左右への低いボールをキャッチングする際に片膝を折りたたむ動作をしますが、体のバランスが悪く、利き足へのウエイトが強い場合、左右どちらへ動いた時にも片一方の膝しか折りたためない、という現象が生じることが多いのです。膝が突っ張って動き出しの遅い子や、左右へのゆさぶりが少なくて上手くドリブル突破できない子も、この膝の折りたたみ動作が一方に偏っていたり、上手く折りたためなかったりするケースが多いのです。

 つまり、キーパーを経験し、その中で基本的なキャッチングのメニューをきちんと行うことにより、ある種のボールフィーリングトレーニングやコーディネーショントレーニングをしたことになるのです。これにより、基本動作の質が上がり、結果的にプレーの質を上げることになります。

 だからこそ、フィールドプレーヤーとして止める・蹴る・運ぶ・走るのレベルがある一定に達した選手には(例:「持ち蹴り」、すなわちパントキックがある程度きちんと前に飛ばせるような、という意味で)、ぜひ持ち回りでゴールキーパーを経験して欲しいと思っています。また、そのためにも、指導者はキーパーに選んだ選手に対して、ただ漫然とボールを蹴ってキャッチングするというトレーニングでなく(これはやるなら最後に仕上げとしてするべきでしょう)、基本動作の反復練習ができるよう、至近距離で何度もボールを投げてあげて、良いキャッチが何度もできるようなトレーニングをしてあげられたら、と思っています。

 そして最後に・・・そういうトレーニングを気分良く出来るようにするためには、芝生のグラウンドや、ロングパイル人工芝のグラウンドがやはりどうしてももっと欲しいのです・・・。指導者から見て、女の子に、膝や肘、腿などに擦り傷を作りながらキーパーのトレーニングをさせるのは大変酷なものです。だから私は練習日にキーパーのトレーニングを個人的に、専門的にさせる気には、今の環境ではなかなか積極的にはなりにくいのです・・・。

|

« 貸し借りの分からない人(その2) | Main | 恩師の定年退職記念イベント »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/15617567

Listed below are links to weblogs that reference なでしこリーグ、大原対ベレーザ:

« 貸し借りの分からない人(その2) | Main | 恩師の定年退職記念イベント »