« 姿勢の良さ、武道経験の良さ | Main | 降雪後の校庭を眺めて »

「めざせクラッキ!」が届きました

 ウィングの選手は6年生から1年生まで、基本的にはチームへの参加が決まったところで日本サッカー協会の選手登録を行っています。これは全員登録しておかないとまだ人数が少なくチーム編成が成り立たないこともありうるから、なのですが、県の少女リーグ戦でも選手証のチェックがあるため、通年でいうところの前期は特に選手登録をきちんと行います。
 今回、その登録を行っている関係で、低学年向けに「めざせクラッキ!」という日本協会発行のキッズ向け冊子が届きました。また、チームには解説DVDも届きました。早速1年生には配布しましたが、ぜひ全部のメニュークリアに向けて頑張って欲しいと思います(2年生には楽なメニューかな・・・)。
 今後は「めざせファンタジスタ!」というのも配布予定で、これも日本協会登録選手に応じて小学生の中・高学年向けに配布されるようです。しかしながら現在のところ、スポーツ少年団というボランティアベースの組織体制のために、登録費用に掛かる負担を軽減する必要から、ほとんどのサッカースポーツ少年団は5.6年生のみの登録になっています。こうした「登録に対するきちんとした見返り」が反映されるようになることで、選手登録が進むことを期待したいものです。協会、特に県協会が費用的に潤沢になっていけば、また様々な事業活動に反映されることでしょう。

 スポーツ少年団の普及度が高い県・地域は、どうしてもこうした費用への精査が厳しくなりがちで、低学年の選手登録は必要経費と見なされない場合が多いのです。また、長野県の場合、四方を山に囲まれているだけでなく、各地区も山で隔てられているため、交通費のコストはさらに負担が大きく、そのために活動を一層制限されているというハンデもチームによっては持ち合わせています(とあるチームのコーチングスタッフが教えて下さいました。確かに数分毎にやってくる電車や地下鉄に乗車し、ワンコインである程度離れた地区に行って試合が出来る都会やその周辺域の状況と比較すれば、保護者が二の足を踏む状況も全く理解できないとはいえないでしょう)。必要諸経費の検討も厳しくなりがちです。その一方で、こうした背景からか、「受益者負担」とか、「チームスポンサー」とか、スポーツに掛かるお金のやりくりを様々な形で(特に収入面でとか、ビジネスとしてとか)検討する文化・概念はなかなか根付きにくいようです。特に信州人はお金に対する価値観も、卑しいと捉えがちなところがあるのでしょうか・・・。スポーツに掛かるお金への価値観はより一層卑しく見られている感さえ否めません。
 こういう状況を見聞きするたび、「個人の寄付行為への課税」がスポーツや音楽などの文化活動に大きな支障を来していることを実感してしまいます。毎月チームに届くJFAニュースの最終ページ近くには、必ず日本協会の寄付免税への訴求広告が出ています。チームに寄付としてお金が入ってくれば、移動経費に負担を強いられる県内スポーツクラブや、スポーツ少年団には、非常に有り難いことになるはずです。しかし、そこには大きな掛け率の課税が強いられており、結局のところ、出し渋ってしまうことになったり、「スポンサー料」「広告費」「協賛金」等の名目を必要としたりして、何らかのそれらに応じた表記をわざわざ表示する経費が掛かってしまいます。
 ヨーロッパには、古くから富裕層が文化活動をお金で支援する、「パトロン」という文化が存在していたので、寄付に対する課税制度はあまり見られません。クラブチーム数が世界の他の地域と比べて圧倒的に多いのはそういう背景もあるのでしょう。
 今、国内スポーツの底辺を支えている人たちは精神的にも、肉体的にも、そして経済的にも大きな負担を強いられています。まだまだスポーツで食べていける人、スポーツに限らず音楽などの文化活動で食べていける人は全体から見れば極々少数です。こうした状況が早く改善されることを願わずにはいられません。またチームとして改善できる方法、解決策の探究にも努めていかなければならないように思います。

 それにも今のところは、私自身、先ず本業は本業でしっかり頑張らなければ・・・。

|

« 姿勢の良さ、武道経験の良さ | Main | 降雪後の校庭を眺めて »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/13130284

Listed below are links to weblogs that reference 「めざせクラッキ!」が届きました:

« 姿勢の良さ、武道経験の良さ | Main | 降雪後の校庭を眺めて »