« コメント返信 | Main | 現場サイドの重要性・・・ »

平野氏の指導者向け講習会

 指導者向けの雑誌、「サッカークリニック」で毎月連載の「ジュニアサッカー哲学」という記事を掲載している、ファンルーツ代表の平野淳さんが10月15日に松本で指導者向けに講習会を開催します。詳しくは県協会のホームページにも掲載しており、県内(外?)からの講習会への参加を募っております。
 これ、雑誌に掲載されている記事の内容からも、キッズや、キッズからジュニアに移行する年代の指導について様々なノウハウを持っていらっしゃる印象を受けました。そこで、指導の「引き出し」を増やすという意味でも結構面白そうかな、と思っているのですが、なんとその日はウィングの北信越大会!!石川県に行っていて、恐らく閉会式か、帰路の途中か、という感じになってしまいます・・・(苦笑)。
 さて、実は平野氏は菅平で何回か講習会を開いておりますが、県内指導者向けには初めての開催です。これから参加者の取りまとめになりますが、反応を見せるチーム・指導者と、そうでないチーム・指導者が出てきています。なぜなんでしょうか・・・。

 物事について、興味・関心を持って取り組むと、意外な発見があったり、予想以上の収穫があったりするものです。一方で、まったくその逆の取り組み方では、ただムダに時間を過ごすことになってしまいがちです。チーム代表や指導者の反応を見ると、それが如実に表れているように思います。例えば、「リフレッシュポイントがつかない」というネガティブなところにしか目が行かない指導者では、指導でも子供たちのネガティブなところにしか目が行かなくなってしまう傾向が強いように思うのですが・・・。
 また、それに限らず、指導者を増やす努力をチームで行っているのか、それとも指導者も保護者もある一定の指導者に依存体質をつくってしまっているかどうかで、スケジュール的に参加できなくなってしまっているという状況も見られるようです。
 私は以前、それもブログではなくホームページにてコラムを更新している頃でしたでしょうか、少年年代の大会があまりに多いという記事を掲載したことがあります(訂正:県協会主催のサッカーカンファレンス長野で、技術委員に資料として提案したことがありました)。その記事を記載以降、低学年も含めて、より一層大会数は増加傾向にあります。そうでなくとも、指導者はチームに数名程度・・・。チームによっては2~3人で回しているケースも少なくありません。このままで「大会・試合は多い、指導者は少ない」という事情では、指導者も「学ぶ」時間をつくることは出来ません。
 県外のチームではそういうリスクを少なくするべく、数十人体制で活動しているところも結構あります。先日もそんなチームのとある女性の指導者の方からメールを頂戴しました(N.Kさん、ありがとうございます!!45人ですかぁ!!すごい充実度ですね!)。そして、指導者を育てよう、指導者を増やそう、あるいは私も指導のお手伝いをしよう、というチームへの積極的な関わり方がより良い循環をつくり出している様に思います。私がいた東京のクラブチームも、学生のアルバイトコーチがいて(私自身もその1人としてお手伝いしていました)、それこそ練習も、リーグ戦などの試合のコーディネイトも行っていました。そのくらい裁量・権限を預けることで、指導者として学んでいく機会をつくっているのだと思いました。
 でも、こちらでは、学生などの若手に選手を預けることも、指導の経験が少ないコーチに預けることも、なぜか、なかなかすんなりと通る話では行かなくなってしまいます。預けられる側の人数もまた、少ない状況に変わりがないというのもあります。でもほんと、気持ちの問題のように思うのですが、難しいのでしょうかねぇ・・・。少年団というボランティアの弊害もあるのでしょうか、指導における責任の所在があいまいになっても仕方が無い分、逆にリスクマネジメントとして、「少しでも(しつけも含めて?)きちんとした指導者に」という依存体質が生まれてしまっているようにも感じます。何が「きちんと」なのかは意外とあいまいですけど・・・(苦笑)。
 県協会主催のC級指導者資格取得講習会も、開催会場によっては一部、現時点で人数不足とのこと・・・。開催すら危ぶまれています。C級のビデオは指導者同士で交換するなど、確かに見ていて、便宜上「知っている」という方も多くなりましたが、資格取得講習会とはすなわち指導の現場における生の声と指導実践が情報交換できる「場」だと思うのですが・・・。オシムのトレーニングのノウハウだって、もしかしたら上手く少年向けにアレンジできるようなものが情報として得られるかもしれないじゃないですか・・・。
 最後に、フランスの代表監督を務めたロジェ・ルメールの言葉を紹介します。チームに関わる皆さんに・・・。
 「学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない」
 ついでに私から・・・
 「学ぶことが困難な環境では、人は育たない」

|

« コメント返信 | Main | 現場サイドの重要性・・・ »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/12116332

Listed below are links to weblogs that reference 平野氏の指導者向け講習会:

« コメント返信 | Main | 現場サイドの重要性・・・ »