« 今月末の女子のフェスティバルについて | Main | 今月末の女子のフェスティバルについて(追伸) »

第4回北信越ガールズエイト所感(その1)

 さて、第4回目の北信越ガールズエイト大会ですが、今回の大会のテーマは「我慢」と言うことに集合早々からなってしまいました。というのも、集合場所に5分前に着いていたにも関わらず、まだバスが来ない・・・。聞けばどうやら「合同庁舎」違いで違うところに止まっていたらしいとのこと・・・。会場の石川県小松市に向かうには十分な時間がありましたが、30分以上集合場所での待ちを経て出発となりました。「我慢、我慢」・・・。
 遠征とは言いつつも、早朝の出発だけに、体調管理は難しいところです。車酔いしやすい山間部では寝ていくよう心がけ、北陸道に入ってからサッカーのDVDなどでイメージを高めていきました。また、トイレ休憩などでもストレッチを入れるなどして、徐々に身体を動かす状態へ持っていくよう心がけました。
 会場には十分な時間に到着しましたが、準備、アップを経ると思いのほか試合直前はバタバタしました。コーチ陣は私も含めて、ついつい「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」と思うものですが、試合時間から逆算して、メンバーチェックや選手証の確認、間に入るハーフタイムのシュート練習などなど、意外と内容は絞り込まなければならないことが多いです。その点、やや多くを盛り込もうとしてしまった感がありました。また、選手の中に体調不良を訴える選手が・・・。出発時に話を聞いていた選手は仕方が無いとしても、それ以外にもポツリポツリと・・・。あれほど「事前の怪我・風邪には注意して」と話をしたのに、「まさか」という感じでした・・・。これまたやはり「我慢、我慢」・・・。

 初戦、星陵PELバディ戦。相手がやや学年構成で低めということもあり、技術的にもフィジカル的にも凌ぐことが出来ました。前後半1点ずつ取った後、追われたものの、さらに追加点を奪って3-1での勝利でした。
 次は大町プチタフィタ戦。富山県のエントリーが少なかった関係で、Bグループは長野県の2位と3位の2チームがエントリーしています。県予選でも厳しい戦いを繰り広げたライバル関係のチームとの対戦でしたが、ちょっとした違いが結果に差を生みました。この試合、相手正GKが都合により参加できないという事態が起きていました。そのため、大町の初戦は点の取り合いになり、結局敗れるという結果に至っていました。一方ウィングの初戦は勝利・・・。私も子供たちも、状況から有利な印象を持ってしまっていたのかもしれません。ゲームを支配しながら、シュートが打てず点の取れない状況で、前半終了間際のコーナーキックからの失点。そのまま後半もジリジリしたこう着状態が続き、結局1-0での敗戦となってしまいました。今まで点差をつけられて敗れることは無かっただけに、ショックは相当だったので、多くの選手は大泣きでベンチに帰ってきました。しかし、明らかに選手の運動量には体調不良からくる差が見られました。いつもの活躍を見せる選手の足が止まっていて、次から次へとボールに喰らいつく積極的ディフェンスが見られず、試合を支配する時間が減ったことは否めませんでした。一方で大町は正キーパーがいないことを逆にモチベーションとして高めて、積極的姿勢でゲームに臨んでいました。たしか、最近イングランドの強豪チェルシーが全く同じ状況でチャンピオンズリーグのバルセロナ戦に臨んで勝利を収めていましたね。まさにそんな感じの選手の気迫・励まし合いを感じ取りました。
 試合の悔しい思いを、初日の試合日程終了後に行われたリフティング大会で晴らしてくれた選手がいました。やるべきことを真摯に取り組んで、夏休みなどにも常にボールに触っていた結果でした。Bグループ1位になった選手は5年生。これから様々なサッカーに必要な要素をさらにトレーニングで身に付ければ、素晴らしい選手として育っていくことでしょう。同じ5年生が競争意識を持って取り組めば、来年の活躍は大いに期待できるように思いました。
 同じく4位に入賞した6年生の子は昨年秋から入った子。その点からすれば、数少ない6年生が継続的に試合に出られる安心からか、仲間意識ばかりが強くなり、競争意識・向上心を失ってしまったように思います。そして刺激の無い采配や、積極的意欲を引き出せなかった指導に何かしらなってしまっていたことに改めて悔いを感じました。仲間意識も必要でしょうが、あくまでもバランス。度を越すとサッカーを楽しむために上手くなるという本質からはどうやら離れて行ってしまいます。あえて選手任せにした宿泊のグルーピングの様子、その時のリーダーシップやコミュニケーションの様子と、翌日の結果から、さらにその印象を強めることになるのですが・・・。
 その様子は次の記事以降にて・・・。

|

« 今月末の女子のフェスティバルについて | Main | 今月末の女子のフェスティバルについて(追伸) »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/12366527

Listed below are links to weblogs that reference 第4回北信越ガールズエイト所感(その1):

« 今月末の女子のフェスティバルについて | Main | 今月末の女子のフェスティバルについて(追伸) »