« 信毎、元川氏のコラム | Main | J2草津対鳥栖戦 »

サムライブルーの結果を受けて

 今の日本代表の結果に対して、悔しい想いは数々あれど、協会や監督や選手の批判だけで終わらせてしまってはなりません。絶対にそれだけは避けていかなければなりません。
 ・・・サッカーの指導者として、より一層自己研鑽に努めなければならないことを感じました。そして、その指導を続けていくためにも、自分の本業を必死に全うし、そこでもまた自己研鑽していかなければならない、そして周囲の批判を跳ね返さなければならないのだろう、ということも大いに感じてきています。家族の時間、仕事の時間、そして自分の時間、それらをきちんと切り替え、周囲への思いやりもそれぞれの時間を使って与えていかなければならないと思いました。

 また、自分のように、経営者の次世代の立場では、地元地域の活性化についても考えていかなければなりません。それを、サッカーと絡めて出来ることがソフト面・ハード面ともまだまだたくさんあるようにまた一層強く思いました。そうです、地域にはまだまだ芝生の公園・グランドも、たくさんあるとは言い切れません。ヨーロッパなどと比較すら出来ない大きな差があるでしょう。ロングパイル人工芝グランドも、大小いろいろ続々と他県では見られるようになっているというのに(最近のサッカー関連書籍やDVDではかなり頻繁に見かけています。)、この中信地区では未だ導入の見込みすら現れていません。グランドの仕様で、土じゃなきゃダメだ、芝生にしなきゃダメだと、導入以前に様々な批判が生じてしまうのもどうかと思います。野球側の関係者と足の引っ張り合い、勝手な主張のやり合いも何とか避けて、導入のために、発展的な、前向きな議論をしていきたいものです。
 また、サッカーが楽しいものということについて、ボールをあまり蹴ったことの無い多くの方々に気付いてもらいたい、そして、サッカーをしてみたいという様々な年代の人々のために楽しむ「すべ」や「場」をもっともっと沢山提供して、楽しさを知らずに「サッカーなんかに」とか、「なんでサッカーに」と言う方々を少しでも減らして、地元サッカー関係者の肩身の狭さを少しでも解消できたら、とも思いました。
 課題や想いがいろいろあるということは、それだけ進化・発展の余地があると言うこと・・・。国としては好景気にありながら、なぜか停滞感、閉塞感のあるこの地域に、サッカーを通じて、あるいはサッカーの文化を立ち上げ興して行くことで、その重苦しい雰囲気を打破していけたら、そしてそれに自分が係わっていけるのであれば、そしてそれが日本サッカーのために何らかの形で今以上に大きく貢献できるのであれば、地域が発展したり、活性化するのであれば、本当に、本当に最高ですね・・・。

|

« 信毎、元川氏のコラム | Main | J2草津対鳥栖戦 »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/10551260

Listed below are links to weblogs that reference サムライブルーの結果を受けて:

« 信毎、元川氏のコラム | Main | J2草津対鳥栖戦 »