« サッカーカンファレンス長野所感その2-2 | Main | 抽選会の様子について »

悲しい、というか恥ずかしい記録(その2)

 もう一つの悲しい記録とは、女子サッカーに関することです。ようやく中学生年代はクラブチーム主体とはいえ、6チームのU-15チームが活動するようになりましたが、未だ県内の中学校に「女子サッカー部」「女子フットサル部」は存在しません。また、高校年代も、一部に部員がいたり、同好会的に活動するなどはあるものの、「県代表」として出場できる高校の「女子サッカー部」「女子フットサル部」もこれまた存在しません。
 つい最近まで、そういう県は高校年代で全国に6県あったそうですが、今年度はいよいよ4県に絞られてしまいました。なんということでしょうか・・・。しかし、ちょうど運悪くというか何と言うか、学校再編の教育改革や学校での社会体育縮小傾向や、施設の問題などを強調するばかりで、「女子サッカー部」立ち上げについての動きはなかなか見られません。「関心が無い」と言う方もいらっしゃいますが、私は「関心が無いように生徒の意識を押し込めている」ようにさえ見えてしまいます。女子高校生が「モー娘。」やアイドルプロダクションがチームをつくってやっているフットサルリーグ「スフィアリーグ」を全く知らないとでも言えるのでしょうか(直近では5/11に4thステージ開催予定、スカパー!ではフジテレビ739にて5/13、午後2時より放映予定)。
 なぜ、先生方、教育関係者の方々は課題にばかりに目を向けていて、プラスに考えないのでしょうか。何だか指導者の課題と同じで、やたらと先に課題や問題点にばかり目に付いてしまうのでしょうか。もしも、一番に「女子サッカー部」、「女子フットサル部」をつくったら、「長野県代表」として一番に北信越大会に出場できる可能性があるのです。それだけでも、学校の歴史的に見てもすごい「プレミア」ですよね。

 実は県内サッカー関係者において、メリットはそれだけではないはずなのです。私が少年の指導に専念せずに女子サッカーに関わっていくことを優先しているのは、あまりにもサッカーに関する「理解不足」が多いように思えてしまうからなのです。ことさら、女性に「サッカーが楽しい」「サッカーが好き」という理解を示せる方が少ないように思ったからなのです。(とある女子チームの)指導者の中には、「最も身近な『家庭』の中に『最大の敵』がいる」、とぼやいている方もいらっしゃいます(わ、私では、な、無いです・・・本当に・・・苦笑)。そういう環境で、指導者が最大の効果を発揮することは難しいのではないでしょうか。
 県内のサッカー関係者が、特に学校関係の指導者が女子サッカーについて何らかの検討を始めなければ、まだまだこれから先も身近に多くの「敵」を抱えながらサッカーに取り組むことになりかねません。聞けば女子の場合、高校では学校の体育の授業にさえサッカーが取り上げられないこともあるそうです。これでは毎日過ごすはずの学校体育教育の現場ではサッカーの楽しさ、面白さなど知る由さえありません(伝える術も無いのでしょうか・・・)。
 実は、高校の部活動についてはすでに南信の諏訪・茅野地区で動きがあります。女子サッカークラブチーム、茅野ビエントが地元の高校との交流会などを企画して何とか部活動立ち上げを行って、女子が毎日少しでもサッカーができるように、という環境作りに奔走していらっしゃいます。中信地区でも私立とか、通学に支障の少ない大糸線沿線の公立高校とかで立ち上げをしたいものです。恐らくそういう意向が出てくれば、松本レディース・波田レディースのU-15も進学先を検討すべく現地に赴いて交流会などを開催することが可能なはずです。
 U-15を立ち上げても、すぐに高校年代はやって来ます。ウィングの卒業生には、より高いレベルでサッカーに専念できる、ほぼ毎日ボールに触れる環境(部活動はここがなんと言っても魅力なのです。)を求めて、県外に出て行くケースも出てきています。県外で活躍するのも嬉しいことかもしれませんが、「地元に受け皿が無くて」という大変消極的な理由だと言うのがとても悲しいように思われます。

|

« サッカーカンファレンス長野所感その2-2 | Main | 抽選会の様子について »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

フットサル」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/9903947

Listed below are links to weblogs that reference 悲しい、というか恥ずかしい記録(その2):

« サッカーカンファレンス長野所感その2-2 | Main | 抽選会の様子について »