« 悲しい、というか恥ずかしい記録(その1) | Main | 悲しい、というか恥ずかしい記録(その2) »

サッカーカンファレンス長野所感その2-2

 サッカーカンファレンス長野について、しばらく記事が途絶えていましたが、レポートも届いたことですし、「その2」について掘り下げてみましょう。パネルディスカッションではマリノスの下條氏、1860ミュンヘンにいて、今はベルマーレのコーチの西村氏、JFC須坂の指導者で、高橋義希をJリーグ・サガン鳥栖に送り出した中村氏、フットサル全国大会での活躍が目覚しい上松の植原氏と、以上の4名でのパネルディスカッションが行われました。
 その中での下條氏のコメントで、「マリノスにおいて、やはりゲーム運びではいかにパス回しを正確に行うかですから、それ(パスワーク)を非常に大切にしています」と言うような内容でお話されていました。そうです、実際にその通りなのです。でも、個人個人のボールを扱う技術にまだまだ未熟さが伴う県内の育成年代では、それを強調してしまうと、決していい方向へは進展しないのです。以前から記事にしてきたような、ボールを離してばかりの、勝負どころで勝負できないサッカーになって言ってしまう危険性があるのではないかと思ったのです。

 私がフォーカスコーチングの的がズレたと言うのは、その点にあります。パネラーは大変意義のあるコメントをしてくださっているのですが、県内育成年代のサッカーにおける課題と照らし合わせた場合、果たしてそれが効果的コメントに至っているのかどうかと言う点で「ズレた」かもしれなかったのです。しかし、その時に西村氏がフォローをしていました。
 彼がミュンヘンでU-10年代のチームを指導していた際に対戦したチームのことです。相手は素晴らしいパスワークで圧倒的にゲームを支配し、西村氏のチームを翻弄したのだそうですが、あまりにシンプルすぎるパスのみのサッカーを指導していた結果、ジュニアユースやユース年代に移行した後の対戦では、内容・結果ともにすっかり逆転してしまったというお話をされていました。つまり、自分で駆け引きが出来ない選手になっていってしまった、と言うことなのだそうです。
 長野県内の課題を見ている限り、ハイプレッシャーの駆け引きに対応できない選手が多いと言われているにも関わらず(カンファレンスのレポートを見ても、分科会でそういう発言が結構出ていたのが見受けられます)、ハイプレッシャーのトレーニングをしていないように思います。C級の講習会ベースのトレーニングをそのまま取り入れてある程度の結果が出てしまうのは、その水準以下の旧態依然としたトレーニングが未だスタンダードになっているのかも知れません。対人プレーなどでも、せいぜい1対1のトレーニングなどが主になっていて、それをただマニュアルのように消化するのでなく、それ以上の上乗せについて創意工夫しなければ、全国レベルとの差はさらに開いてしまうように思いました。エスポルチ藤沢のトレーニングを紹介しているDVD付きの書籍を「おすすめ書籍」に掲載しましたが、その中でも、数的不利になるようなハイプレッシャーのトレーニングはいくつも紹介されています。そういうトレーニングを指導者なりにアレンジしてどんどん提供していく必要があるように思いました。
 指導者よりも、周囲で見ている保護者の方がそういう事実に気が付いていて、ブログにてコメントしていたりしますよ・・・(苦笑)。
 話は変わりますが・・・、レポートの校正、あともう少し頑張りたかったかなぁ・・・(中村)俊輔が「俊介」とか、グッド・フェロー(Good Fellow)が「グッドベロ」とか、フジタが「藤田」とか、(クーバーコーチングの)トムバイヤーが「トルマーヤ」とか・・・でも、このテープ起こしと校正、結構頑張ってやった印象はありますね。あれこれ指摘した割りに、氏名や専門用語の誤字はあまり無かったですから・・・。サッカー知らないとか、素人の業者頼みだけでなく、カンファレンス出席の関係者が積極的に校正に関わらないと、こういう資料作りは大変ですね。お疲れ様でした。

|

« 悲しい、というか恥ずかしい記録(その1) | Main | 悲しい、というか恥ずかしい記録(その2) »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/8524128

Listed below are links to weblogs that reference サッカーカンファレンス長野所感その2-2:

« 悲しい、というか恥ずかしい記録(その1) | Main | 悲しい、というか恥ずかしい記録(その2) »