« センタリング | Main | とうとうアクセスが3万回を突破してしまいました。 »

鹿実対上田西、野洲対四中工

 ジータスで改めて見てみて、ショックを受けた・・・。私たち4種年代の指導者は、これほどまでに「差」が出てしまう選手たちを上のカテゴリーに送り出しているのか・・・。本当に何とかしなければいけないのではないか。大会?試合?遠征?それが本当に選手個人個人の育成に、技術向上につながっているのか?結果だけでなく、試合の中身や選手個々のプレーに対してきちんと精査出来ているのか?精査自体が大人に都合のいい「思いこみ」になってはいないか?みんなでもう一度そこからきちんと取り組んでいかなければと思ってしまった。
 カンファレンスの記事でも記載したけれど、キッズ年代から始めている選手に対して、小学校高学年、あるいはさらに遅い、中学校や高校からサッカーを始める選手たち・・・。本人たちはサッカーをしてみたいのである。楽しんでみたいはずなのである。果たしてその遅く始める選手たちに「始めるのが遅いから、諦めてくれ」と言えるのか?逆にパッと見て諦められるくらい、あるいは相当レベルの高い刺激を受けられるくらい(例えば、学校の休み時間に3.4年生くらいがフリスタのテクニックを教えあう、みたいな・・・少なくとも「10年前」の東京多摩地区で、自分はリフティングを教えあい、3ケタ、4ケタ出来るようになった後発の子どもたちを見て来ている)、キッズ年代からサッカーしている選手たちが圧倒的な技術を身に付けているのか?指導者たちはそういう技術を子どもたちに身に付けさせているのか?技術を楽しんだり、隠すことなく共有し合ったり出来るオープンなマインドづくり、環境づくりをしているのか?
 自分自身に問いかけるとともに、県内指導者にもう一度強く問いかけてみたくなってしまった・・・。

 野洲対四中工の試合は、四中工がむしろ野洲を押し込んでいるくらいの内容であった。見ていて、どちらをひいきにする訳でなく、どちらも高い技術を出し合って、「セクシー」なフットボールだった。これなら試合の結果に関わらず、ずーっと見ていたくなる。何度でもビデオを巻き戻して見たくなる。突破もパス回しも、何が出てくるか楽しみにさせてくれた。敢えて言うなら、四中工のシュートの精度がやや低く、がむしゃらに蹴っている感じが時折見られた。あれが少しでも枠に行っていたら、結果は違っていただろう。セルジオ越後さんから、「やっぱり相変わらず日本代表の選手と同じように見られる決定力不足ですねぇ」と言われてしまいそうな、まさにそういうケースがいくつかあったように思う。ただし、野洲高校にも同様のミスがあっただけに、これは両チームに該当する。
 さて、上田西・・・。本当に可哀そうだった。セットプレー直前の負傷者・交代による中断から、集中力を切らして失点したケースが2度ほどあったが、県を代表して初めて出場する舞台での典型的な失点のケースだった。でも、それ以前に、一つ一つの選手のプレーに余裕の無さがうかがえ、ファウルなどから結果的にそういう失点に至ってしまうであろうことは容易に予測できた。あわてて前にただ蹴り出すプレー、とりあえずボールに触るため、がむしゃらに飛び込んで、とりあえずボールを蹴る、というプレーが頻繁に続出し、鹿実のボランチやディフェンスラインが、がむしゃらに突っ込んでバランスを崩した上田西選手を横目に、逆に余裕を持ってそのボールを処理しては、また2次攻撃、3次攻撃に繋げているのが象徴的な現象だった。
 ディフェンスラインで足裏を使ったり、インサイドやアウトサイドでボールをコントロールしなおして、視野を変えたり、角度を変えたりして、よく「観て」からフィードのキックをする機会も全くといって見られず、来たボールをそのままインサイドで距離感も無く蹴り返すというケースも続いた。サイドバックの課題も以前のHPブログ記事で紹介したとおり。これは少年年代で修正・矯正できていなければ、まず高校年代でも実践は難しいだろう。まさにそういう光景ばかりを見ることになってしまった。
 良い評価もしなくては・・・。前半37分(だったかな、34分かな)のワンタッチパスの連続と、後半5分のパス回しからのシュートは、可能性を感じさせるものがあった。でも、これまた今までブログでコメントしてきたとおり、ワンタッチパス「だけ」なのである。だから結局プレッシャーを受けると、どこかでズレてミスが出てしまっている。そう、相手のプレッシャーを受け止め、引きつける「タメ」が出ないのである。長野県内には、全国のスピード・プレッシャーに対して、「タメ」をつくれる選手が本当に少ない。なぜなら育成段階にも関わらず、、「タメ」をつくらせず、リスク回避でただボールを早く離すことになぜか執着している、あるいは執着し過ぎている指導者・関係者(つまり、保護者や運営側も含めて・・・)がどの種別・年代でも、未だ何らかの「影響力」を示している可能性が高いからなのだろう。
 トリノオリンピックは、何とも「いまいち」なだけに(カーリングと女子フィギュアくらいかな・・・あ、男子アルペン回転惜しかったなぁ・・・)、引き続き早起きしたら、「ワンタッチ」も、「タメ」も自由自在に使い分ける技術の高い野洲のサッカーをすこし楽しんで見ていこうっと・・・。あ、チャンピオンズリーグの決勝トーナメントも始まったなぁ・・・(おいおい:苦笑)。

|

« センタリング | Main | とうとうアクセスが3万回を突破してしまいました。 »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/8709470

Listed below are links to weblogs that reference 鹿実対上田西、野洲対四中工:

« センタリング | Main | とうとうアクセスが3万回を突破してしまいました。 »