« ジータスで野洲高校、再放送 | Main | サッカーカンファレンス長野所感その1 »

運営会議

 昨日の会議は重苦しかったなぁ・・・どうしてあれほどまでに周囲を責め立てることが出来るのだろう・・・過去の経験則も、事前の打ち合わせ事項も、確かに指摘としてはもっともなのかも知れない。みんなが言いにくいことを言って下さっていて、感謝しなくては、とも思う。だがしかし、効果的な代替案の提示も無かったし、逆に指摘されて代替案の提示を求められると逃げを図るし・・・、一方的な指摘では、指摘された側の意欲を削いでしまい、活動は活性化しないし、積極的な行動は見られなくなってしまう・・・。これでは課題とされている少年サッカーの指導とまるで「鏡写し」。ミスを恐れて萎縮しながらプレーする少年たちと同じ光景がそこには存在する。
 誰も建設的な、意欲的な発言をしようとは思わなくなるだろうな・・・。だって、「それ、見たことか」とか、「そんなこと言ったってせー」とか、いつ言われるんじゃないかって、みんなが感じてしまっている。実際、会議の場はとてもどんよりした雰囲気が漂っていた・・・。どんなに規模の大きな組織だとしても、見た目が大きな団体だとしても、活性化しなければ、発展は難しいよな・・・。むしろ、後退、停滞にならなければいいのだけれど・・・。
 組織論的に考察してみたとしても、決定的な組織変革が必要なんじゃないのかな・・・。でないと、意欲的かつ、知恵を出そうとしている人たちがどんどんこの大きな組織から離れていってしまうんじゃないのかな・・・。
 それで、地元少年サッカーのレベルは上がるのかな・・・。
 文句の言い合い、足の引っ張り合いで、勝つようなチームより、互いのチーム同士が自己研鑽・切磋琢磨で勝ち抜くチームが出てこなければ、革新的には上がらないよな・・・。(ああっ・・・、自分までこうして文句を言っているようでイヤダーッ!)
 確か、県内の他のカテゴリーや他のスポーツでも似たようなことがあったのを聞いたけど、どうなんだろうな・・・。

追記:
 ここは奥方に出てきて鈴を付けてもらうくらいでもしないといけないのかな・・・もしそれを拒否されたら、「風が吹いたら桶屋が儲かる」的に言えば、「県内・松本の少年サッカーは、あの方の奥様の手に委ねられている」のか?
 いいかげん本当に「引き際の美しさ」を通り越してしまっている。それでもそういうことを周囲がもう一度考えてあげなきゃいけない時期に来ているような気がする。でないと、「もしも」の時に誰も、何も出来ないし、周りのチームも「よし、協力しよう、大変だからなんとか手伝ってあげよう」という気にはならなくなってしまうように思う。それは悲しい、すごく悲しい・・・。

|

« ジータスで野洲高校、再放送 | Main | サッカーカンファレンス長野所感その1 »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

今日は、東レパンパシフィックテニスをテレビで見ました。3年間のブランクを感じさせないヒンギス。流石元女王。
パワーでねじ伏せるのではなく、精神力とテクニックと相手の心を読む力は何よりも勝っています。
でも、それ以上にすごいのは彼女の基本ポリシーです。「私はテニスがしたい!」この一言に尽きますね。特別扱いの接待も、良いホテルも、専用車もいらない。この精神には涙が出ますね。
つまり、勝つか負けるかは最優先目標ではなく、とにかくテニスが出来ることが何よりの目標なのです。
「頂点を極めた女性が悟ったもの」これが本物の強さなのではないでしょうか。
小林コーチの気持ちもこのような事なのでは?サッカー少年少女の気持ちが最優先です。
なんて、サッカーを知らない私が言うのも失礼な話ですがご容赦を。

Posted by: skillup | February 04, 2006 at 07:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/8481883

Listed below are links to weblogs that reference 運営会議:

« ジータスで野洲高校、再放送 | Main | サッカーカンファレンス長野所感その1 »