« 我が事のように嬉しい茅野レオナの優勝 | Main | 大変急な話ではありますが・・・ »

ディフェンスラインでのパス回し、サイドチェンジ

 北信越大会でウィングは、富山トレセンボニータと対戦しましたが、そこで、久々にとある光景に出会いました。私たちのチームの選手がサイドの中盤でプレッシャーを掛けた際に、チーム内やベンチからの「サイドを変えよう」の指示から、サイドバックにバックパスをして、センターバック、逆サイドのサイドバックと、確実なショートパスでのサイドチェンジを行っていたのです。サイドバックにバックパスされた時には、センターバックはカバーリングを意識して、クロスステップやバックステップを使って、より後ろの大きなスペースでパスを受ける準備が出来ていました。もちろん、逆サイドのサイドバックはもともとプレッシャーを掛けていたサイドではないですから完全にフリーです。正確なインサイドキックの技術ももちろんですが、パスを受けるための準備としてのステップワークも的確でした。こうしてウィングの選手たちのプレスを簡単にかわしてしまいました。
 こうしてサイドチェンジのパスを受けたフリーのサイドバックからは、また厳しいクサビのパスが入ります。なぜならフリーでいい準備が出来るために、より良い判断に基いた、相手の嫌がるパス、あるいはドリブル突破などの攻撃が仕掛けられる結果となるからなのです。

 県内の少年での試合ではなかなか見られない光景だったように思いました。確かにバックパスによって、前を向いた選手がプレーするところまでは同じに出来ますが、大概その選手(サイドバックなどのディフェンダー)は裏のスペースへのキックで終わってしまうケースが多かったように思います。広い視野を確保するようなトラップ、センターバックのカバーリングの動きなどもあまり見られないように思いました。
 過去を振り返ってみて、そういうディフェンスラインできっちりとパスをまわしてショートパスでのサイドチェンジが出来ていたのは、ヴェルディジュニアなどのJクラブチームです。スペースへのキックを選択する事も時にはありますが、より確実にチームとしてのボールポゼッションを意識した場合、こうしたディフェンスラインでのパスワークが実践できる選手の技術の質の高さに感心してしまったものでした。
 基本技術や個人戦術としてのフリーランニング・ステップワークが選手たちに身についていなければ、チームとしてこういうことは実践できないものです。とかく試合の中ではリスクを回避しようとしますし、サッカーを知らない保護者や勝利至上主義的な指導者はまた一段と拍車を掛けて「早く!!前へ!!あぶないじゃないか!!」と言って子どもたちのボールポゼッションにトライする機会を強引に奪ってしまっています。チーム内でも、比較的上手な選手が、まだ技術的に巧くない選手に対して、「なにやっているんだよ!しっかり蹴れよ!」という叱咤の声を上げ、その結果、技術にトライすることなくチームとしてはアバウトな前へのキックが増えてしまうように思います。これでは何時まで経ってもディフェンスラインでの技術的に高いつなぎの意識は育ってきません。
 先日、女子の大会が立て続けに2つありました。せっかくのいい機会でしたので、勝敗・結果は別にして、選手全員の技術の質を見定めるためにいろいろな事にトライさせました。なんと、5年生以下で編成したチームでは、「空いているところから攻める」という合言葉から、4年生、3年生も交えてディフェンスラインで頑張ってパスを回そうとしていました。キック力は無いながらも小さな小さなパスの連続で次々とあいている選手へつないで、見事にサイドチェンジを完成させていました。それだけではありません。数的に不利ではない場合には積極的に1対1を仕掛けるなど、ドリブルとパスの選択が絶妙でした。6年生主体の相手に2ケタ失点にも下を向くことなく、元気に頑張ってプレーしていました。
 6年生のチームもPK負けという不本意な結果が2大会とも続きましたが、私としては今年の春先や夏からチームに加わった選手までもが、「止める、かわす、蹴る」という基本技術を、さほど萎縮することなくゲームの中で繰り返し実践し、チーム全体としてもポゼッションを意識したゲームを展開しようとしていたので、ある程度納得できました。技術的に高い選手にとって、不満もあったかもしれませんが、その割に「頑張れ」とか、「いいよ、ナイスプレー」という励ましの指示の声が掛けられていて、「チーム全体として技術的に向上していこう」というコーチの意図を汲んでくれたように思いました。
 少しでも多くの選手がいい技術を身に付けて上のカテゴリーに進んでもらいたい、そのために指導者として課題も捉えながら、長い目、温かい目で選手全員を見守っていきたいと思いました。

|

« 我が事のように嬉しい茅野レオナの優勝 | Main | 大変急な話ではありますが・・・ »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

いつも楽しく拝見しています。
ショートパスでのサイドチェンジは一見簡単に見えますけど難しいですよね。
失敗すれば一発でピンチですし。
相手フォワードのチェイシング、味方ボランチへのマーク、逆サイドの空き具合など、見ることがいっぱいあります。
そして何よりも味方同士の声。
でもこのスリル満点のサイドチェンジが成功して、シュートまでつながったときなどはデフェンス冥利に尽きるプレイです。

Posted by: dai | November 24, 2005 at 01:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/7269828

Listed below are links to weblogs that reference ディフェンスラインでのパス回し、サイドチェンジ:

« 我が事のように嬉しい茅野レオナの優勝 | Main | 大変急な話ではありますが・・・ »