« ガールズエイト北信越大会 | Main | 遠征の怖さ »

北信越大会会場はロングパイル人工芝!

pic_0185
 会場の条件は最高でした。技術を出すためには十分な環境です。写真はグランドの芝生をマクロモードで接写したものです。さすがに底がフラットな運動靴は雨の影響もあって滑っていましたが、アップシューズもさほど滑らなかったようでした。私のアップシューズも滑らなかったです。吸水性も抜群で、水たまりなどは生まれませんから、雨がやんでしばらくすれば、乾いてしまいました。スパイクを新しくした選手も結構いましたが、足を取られて滑るという光景は他県の選手も含め、ほとんど見られませんでした。
 中間層にゴムチップやウッドチップが入っているため、クッション性も非常に良く、足の故障もこれなら防げそうです。一方で、体力は必要なことが判りました。子どもたちとミニゲームをして遊んでいたら、帰った夜に・・・内転筋と、ふくらはぎがつりそうに・・・(ただ単に自分の運動不足かもしれないです:苦笑)
pic_0184
 で、これが会場全景です。すでに芝生に色づけされているので、縞模様になっています。会場のライン引きもこの縞模様を目安にきちんと直線が引けていました。
 保護者の皆さんも半数以上の方が、今までの人工芝や、ホームセンターに売っているタイル状の人工芝がちょっと長くなったものを想像していたようで、中にはかなりびっくりされていた方もいらっしゃいました。応援に来たことをきっかけに、このグランドの良さを、来て実際に見てみて大いに実感されたようでした。
 皆さんの感想を聞いてみて、そして今回の大会を経験して、より一層、ロングパイル人工芝グランドの松本地区への導入を強く願わざるを得ません・・・。

|

« ガールズエイト北信越大会 | Main | 遠征の怖さ »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

いつも興味深く拝見しております。
2005.10.23付けの信濃毎日新聞タウン情報に、内田地区の静山荘が運用する天然芝フットサル場ができると載ってました。
ランニングコストは天然芝より安いけど、初期投資がでかいので人工芝はまだ普及してませんね。
環境を整えるためにも、その環境を必要とする人材を育て、増やしていくことは大切かもしれません。
そう考えると、少しずつ小林コーチが願う方向に進んでるのではないでしょうか?
(この紙面には北信越大会のウィングの記事も載ってました。)

Posted by: OFF THE PITCH | October 22, 2005 at 06:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/6455388

Listed below are links to weblogs that reference 北信越大会会場はロングパイル人工芝!:

« ガールズエイト北信越大会 | Main | 遠征の怖さ »