« キーパー講習会 | Main | キーパー講習会をやってみて »

ガールズエイト長野県大会

 お陰様で、第3回JFA北信越ガールズエイト(U-12)サッカー長野県大会は、松本ウィングが優勝を収めました。ただ、振り返ってみると、さすがに決勝戦はオーバーコーチング気味だったかな、と・・・。もちろん、いいプレーを褒める事、そのまま続けさせる事、くりかえさせる事は、しっかりコーチングしましたが、良い準備のためのポジションの上げ下げ、アプローチの要求などは、もっと選手に考えさせる指示でも良かったように思いました。
 もう少し長い期間を振り返ってみましょう。新聞の記事にもあったように、県のリーグ戦では、故障者が出ていました。また、成長期に向けての過程なのでしょう、故障とは言っても、精神的に不安定で、「やる気」が起きていなかったため、足の痛みなどがなかなか抜けず、練習も見学と言う時期が長く続いた選手もいました。(参照「成長期直前の兆候」ブログ2/22)そういう時期に、正直コーチングスタッフとしてはかなり我慢を強いられました(岡さんホントにお疲れ様でした。)。ある書籍で、トレーニングには「順調期」と「適応期」があり、順調期のトレーニングには成果が上がるが、「適応期」のトレーニングは無理して行っても成果が上がらないという記事を読んだのですが、成長期の精神的な不安定さと相まって、大きな「適応期」に来ていた選手が多かったのかもしれません。サッカーがやりたくなる、楽しくなる時期まで、こちらとしては対話しながら選手を根気よく待ってあげたり、逆にサッカーをやりたがる故障者を説得して、トレーニングや試合出場にセーブをかけさせたりするしかありませんでした。おまけにそういう状況でリーグ戦を消化していきましたから、敗戦もありました。これが選手たちのマイナス思考にさらに拍車を掛けたため(保護者の方々もマイナス思考に陥りそうで危うかったですが)、期間が長引いたと思います。
 リーグ戦最終節辺りから、徐々に選手の調子も戻りつつあったため、トレーニングはクーバー、リフティング、トラップ、1対1などの個人技を主体に練習のペースを上げていきました。でも、実は、このトレーニングのほとんど、U-10の子たちも含めて全員一緒に行いました。普通なら、練習の効率が下がるので、カテゴリー別に分けるのが当然です。でも、カテゴリーを敢えて分けずに、その分、上のカテゴリーの子には下の子を教えさせたり、条件を厳しく設けたりして、トレーニングに取り組んでもらいました。技術を頭で整理し、小さな子相手にもノーファウルで、パワーやスピードだけでなく、きちんと技術を出せたら、「適応期」を抜けた子はとたんにそれまで見たこともないようないい技術を出し、復活するようになっていったのです。結局、無失点での優勝という、充実した成果を上げることができました。
 決勝に来たファイルフェニックスは、絶対的なエースを抱えていましたが、予選で茅野とのガチンコのバトルを行ってきた結果、決勝では本来の実力を出し切れていなかったように思いました。また、その茅野も、本来の実力を出せずに3位決定戦に回ることになってしまったように思います。決勝で茅野との対戦だったら、これはまた結果がどう転がっていたかは判らないと思います。ただ、茅野に言えるのは、試合の中でメンバーを叱咤する声が、やたらと聞こえてきたこと。真の「ヒロイン」となるべき選手から、それが聞かれたのが残念でした。能力のある選手が多いのですから、仲間のミスを責めるのではなく、そのミスを自らカバーできる、励まして自分がその代りに結果を出す、という、さらなる高みへ乗り越えていって欲しいように思います。外部の私が見ても、監督が見てもそれができる能力の選手たちなのですから・・・。
 今回の大会は北信越につながりますが、その後はありません。8月に控える、もう一つの8人制の長野県大会はさらに北信越を勝ち抜くと全国に繋がるものです。昨年の結果からすると、まだまだ北信越を勝ち抜くにも長野県の少女チームには困難があると思われますが、8月の県予選、その後の秋の北信越大会といい成果を積み上げられるよう、無理や無茶して欲張ることは無いですが、またみんなで、楽しく、コツコツと、個人の技術にこだわってトレーニングに取り組みたいと思います。

|

« キーパー講習会 | Main | キーパー講習会をやってみて »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/5074425

Listed below are links to weblogs that reference ガールズエイト長野県大会:

« キーパー講習会 | Main | キーパー講習会をやってみて »