« ドリル練習の効率 | Main | いやな思い出 »

コミュニケーションについて その2(名指しの効用)

 子どもたちの練習や試合を見ていると、時折、大人たちがこういう事を選手たちに言うことがあります。「あんたたち、声出しなさいよ!!」でも、子どもたちからはなかなか声は出てきません。これは、なぜかというと、今、どういう声を出さなければならないのか、選手が理解できていない場合が多いのです。あるいは、そうした指示の声について学んだ筈なのですが、忘れてしまっているというのがほとんどでしょう。
 つまり、指示の声というのは、以前お話ししたような「キーワード」(サッカーを「見て」学ぶ 参照)を覚えたりしないと、なかなか出てこないものです。従って、指導者としては、折に触れてキーワードについて解説したり、トレーニングの中で場面設定して指示の声が出るようにしていく必要が有ります。ですが、それ以前に出来る声があります。ボールを求めて味方を呼ぶ際の、「ヘイ!ヘイ!」という声です。
 この「ヘイ!ヘイ!」という声、けっこうやんちゃな、元気のある学年だと、容易に練習・ゲームなどで聞こえてくるようになります。まずは指示の声はそこからスタートだと言えるでしょう。
 ですが、せっかくですから、ここに一手間加えると、指示の声がより効果的になるので、私は子どもたちにこう言います。「ヘイ、だけ言うんじゃなくて、出来れば名前を呼んであげようよ」って。これが指示の声においてどのような効用をもたらすのか、お話ししてみたいと思います。
 「ヘイ」というかけ声は、確かにボールの持ち手に対して、周囲の味方が声を掛けているのですが、実は意外と人を特定化していない、曖昧な呼び声なのです。それに対して、名前を呼ぶ事は、指示において、より特定化できる呼び声になるのです。
 話は変わりますが、最近ラジオで、自分の身を守るためにということで、保身術の解説を聞いたのですが、ただ「助けて!!」と叫んでも、今はかかわることを避けるため、知らんふりを装うことがあるのだそうです。だからこそ、「そこの赤いマフラーをしたメガネのお兄さん、助けて!!」と叫んだ方が、人を特定出来て、より効果的に助けを求められるのだそうです。このように指示の声には、より人を特定化した方が効果的に人を動かすことが出来るという差があるのです。例えは大げさかも知れませんが、サッカーに置き換えた場合、(赤いマフラーをしたメガネの・・・というような)難しい特定化は必要ありません。名前を呼べば、かなり特定化が可能になるのです。
 こうした名指しの効用は攻撃などのボール保持時だけではありません。守備の際のマークの確認や、相手へのアプローチの指示では、絶大な効果を発揮するはずです。特に現代サッカーでは、「取られたら取り返す」の早さを求められているため、アプローチの指示で、最初にボールを奪いに行く選手をいかに早く指示するか(これをファーストディフェンダーの決定と言っています)が非常に重要な要素になっているのです。ただ「マーク!」と指示するのでなく、「○○、10番マーク!」と言ったり、「アプローチ!」と言うのでなく、「○○アプローチ!」と言ったりして、より効果的に味方を指示で動かせば、ゲームの質も高まることでしょう。
 でも、まずはパスを出す時、もらう時・欲しい時、きちんと味方の名前を呼んであげることからスタートですね。練習・ゲームがこうした名前の呼び合いで賑やかになればいいでしょう。

|

« ドリル練習の効率 | Main | いやな思い出 »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

女子サッカー」カテゴリの記事

少年サッカー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70697/3301391

Listed below are links to weblogs that reference コミュニケーションについて その2(名指しの効用):

» コミュニケーション、その様々な方法について [小林コーチの少年・少女サッカー指導雑感]
 サッカーでは、いろいろなコミュニケーションの手段を用いると、より効果 [Read More]

Tracked on March 17, 2005 at 07:17 PM

« ドリル練習の効率 | Main | いやな思い出 »